親権の喪失!?

今回は「親権を辞めたり奪ったりすることが出来るのか?」について考えてみたいと思います。

「そんな~バイトじゃないんだからさ」な~んて思った方もいるでしょうね。しかし子供の利益を考えてみた場合、親権をとりあげたほうがいいんじゃない?なんて事もありますよね。子供に暴力をふるっている場合など子供にとってよくないときには子の親族または検察官の請求により親権をとりあげることができます。この場合、家庭裁判所の許可が必要です。またやむを得ない事由がある場合には親権を辞めることが出来ます。この場合も家庭裁判所の許可が必要です。

離婚をし、一方の親が虐待をしている場合には子供を救うために検討することも必要かもしれませんね。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務エリア
東京、埼玉、茨城、栃木、群馬、千葉など
※電話やメールは全国どこでも受け付けております。

連絡先 お問合せフォーム