自己紹介

行政書士 桑村政範行政書士 桑村 政範
昭和49年11月12日生 北海道出身 O型

【経歴】
20歳まで平凡な人生を送っていたが20歳のとき、就職していた会社が倒産。当時就職氷河期だったので資格を取るため大手専門学校に入学。
当時宅地建物取引主任者の担当講師をしていた大澤茂雄先生(現宅建ダイナマイト倶楽部代表)に出会い、宅地建物取引主任者資格取得すると同時に「法律とは何か、不動産とは何か、借地借家とは何か」について徹底的に学ぶ。

宅建ダイナマイト倶楽部は講義が非常に面白く法律を学びたいと思う方には最適です。

その後、不動産会社に勤務し、敏腕社長のもと営業部に所属。その後管理部に異動し、法務、管理を担当し、営業上生じるトラブルの解決方法を学ぶ。弁護士や司法書士との連絡係や不動産明渡し、動産差押等の強制執行の立会いを行う。契約の大切さ、敷金返還、借地借家問題等を多数こなす。 契約書面等作成の際に注意しなければならない事項を弁護士、司法書士に指摘されながら実務で通用するかを教わる。

それと同時に行政書士として幅広く業務をこなすが、男女トラブルが大多数ある事を感じ、多くの相談に乗り実務をこなしている男女問題の専門となる。

保有資格

 行政書士
 宅地建物取引士
 競売不動産取扱主任者
 法学検定試験

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務エリア
東京、埼玉、茨城、栃木、群馬、千葉など
※電話やメールは全国どこでも受け付けております。

連絡先 お問合せフォーム